アスファルト防水の不具合

アスファルト防水の不具合をチェック

広い屋上スペースの防水に使われる事が
多い工法は、アスファルト防水です。
学校や病院などの公共施設の屋上に使われる事が多い、
お馴染みの防水工法ですので、見慣れている方も多いと思います。
防水工法の中でも耐久性が高い防水工法であり、
非常に扱いやすい防水工法です。
比較的長い寿命であり、早くて15年程あります。

長い寿命のアスファルト防水ですが、不具合を放っておくと
雨水等が防水層に浸透し、雨漏りへと繋げてしまいます。
アスファルト防水でも安心せず、不具合が見受けられたら
メンテナンスを行いましょう。

アスファルト防水の劣化は、どのような状態が見受けられると
注意しなければいけないのか、ポイントをまとめてみました。

  • 伸縮目地の不具合
  • アスファルトルーフィングのジョイント部分の伸縮目地に、
    膨れや浮き等の不具合が見受けられたら、
    伸縮目地としても機能が低下している状態です。
    放っておくと、防水層の故障に繋がり雨漏りに発展してしまいます。

  • 立ち上がり防水層や平面の防水層のヒビ割れやふくれ
  • 立ち上がりのアスファルト防水層にヒビが見受けられたら、
    防水層の膨れが生じてしまい、内部で雨漏りが起きている可能性があります。
    表面の極細のヒビであれば問題ありませんが、紙一重の太さで
    防水層が破断してしまう可能性はありますので、早めに対応しましょう。

  • ドレン周りの不具合
  • ドレン周りの防水の口が開いたりヒビが入ったりなど、
    不具合が起きてくると雨水などが浸食してしまい雨漏りに繋げてしまう事があります。
    特にドレン周りは不具合が起きやすい部分ですので、
    特に注意して点検をするようにしましょう。