防水に水が溜まる状態

防水に水が溜まる状態は放っておいても良いのか

屋上防水が古くなると、防水上に水たまりが
発生してしまう事があります。
長期間にわたって存在する防水上の水たまりは、
そのまま放置していてはいけません。
たかが水たまりと思い放置しているお宅もあると思いますが、
こうした防水上の排水不良は防水層に
大きな負担をかけてしまいますので、絶対に良くありません。

防水層の上に長時間水が溜まっていると、
紫外線による熱の影響による防水材への
膨張や伸縮を起こすようになり、
トップコートや防水層の劣化を早めてしまいます。
漏水事故や雨漏りに繋げてしまうので、
水たまりは早期に回避しなければなりません。
建物自体に大きなダメージを与えてしまい、
建物の価値が大きく下がってしまいます。

防水上に水たまりが出来ているという事は、
屋上表面に凹凸が生じている証拠です。
しかし、防水仕上げ表面に何かしらの
施工を施して平らにする訳にはいきません。
この場合は、防水層の下地からのやり直しとなります。
水たまりが出来ている部分の防水層を綺麗に取り除き、
きちんとレベルで水平を取った上で下地を
防水モルタル等で平らにし、防水層を
やり直しする事がベストな方法です。