月別アーカイブ: 2016年10月

防水の種類別耐用年数

防水の種類別耐用年数は?

防水の種類別耐用年数は、以下の通りです。

  • アスファルト防水 17年~
  • 塗膜防水 10年~
  • ゴムシート防水 13年~
  • 塩ビシート防水 13年~


どの工法も10年以上の耐用年数がありますが、
施工状態により耐用年数は大きく左右されますので、
10年での点検を強くオススメします。

防水層の点検は、素人さんでも行う事が出来ます。
屋上やベランダ、バルコニー等、
どの程度防水が劣化しているかを把握しましょう。
ヒビや膨れ等、細かく点検をし確認しましょう。
また、ドレンが詰まっていると防水層に
大きな負担をかけてしまい、
雨漏りに繋げてしまう事があります。
ドレンは常に綺麗な状態にし、ストレーナーを
取り付ける等万全の状態にしておきましょう。
気になる方は、業者に頼んで定期的な清掃をオススメします。

防水層は、外壁や屋根材と同じく、
建物を守ってくれている大事な部位です。
劣化して頼りにならなくなる事で、
建物はどんどん劣化してしまいます。
強くて丈夫な建物を保つ為に、
防水層のメンテナンスをこまめに行い、
何十年も持つ建物を維持しましょう。

計画的な防水工事

計画的な防水工事が必要な理由

防水工事は、その文字から半永久的な
イメージがあるようですが、そんな事はありません。
何層もの工程から作る湿式工法であり、
紫外線や雨水等の外的刺激の影響を
強く受けてしまうので、寿命は必ず来てしまいます。
その為、計画的な防水対策が必要となり、
建物の寿命を高める為の大きなカギとなります。

10年目程から防水層の劣化が進んでいき、
15年目位には殆どの建物で防水層に
不具合が起きてしまう傾向があります。
目安としては、10年目で点検をして
定期的な防水改修を行う事をオススメします。

軽度な劣化状態でメンテナンスを行えば、
軽度な費用と工事で済みます。

大きく劣化した状態まで放っておくと、
躯体にまで大きな影響を与えてしまう事も
ありますので、とても危険です。

鉄筋コンクリート造の場合は、構造体内部の
鉄筋に大きな影響を与えてしまい、もろくしてしまいます。

構造体自体が頑丈では無くなってしまうので、
致命傷を背負った建物になってしまいます。

鉄骨造の建物の場合は、鉄骨自体に雨水の影響を
与えてしまい、強度が乏しくなってしまい、危険です。

防水層の劣化は、防水層単独だけの損傷では
済まなくなってしまうので、
万全な防水状態を保つようにしましょう。