構造材への二次被害

防水が切れる事での構造材への二次被害はとても恐ろしい

防水材が切れる事で、雨漏りが
発生してしまう事は周知の事です。

あまりにも恐ろしいのは、
建物に対して酷い状態にまで発展して
しまう事があるという事です。

中でも恐ろしいのは、雨漏り被害が目に
見えない状態が続いて、目に見える状態に
なった時の二次被害の酷さの酷さです。
二次被害で一番恐ろしいのが、構造体への影響です。

防水が切れる事により早めの対処をしておけば
全く問題ないのですが、大抵の雨漏りは
このように酷く進行してから気付く事が大半です。
その為、厄介な状態にまでお通っている事が多くあります。