月別アーカイブ: 2017年1月

外壁のヘアクラック補修

外壁のヘアクラック補修

特に補修は丁寧に行う事で、高い効果を発揮します。
クラックの補修を丁寧に出来ないようであれば、
業者にお願いするようにしましょう。

また、何か所もクラックが生じている場合は、
業者に依頼して丁寧に補修を行い、
外壁全体を塗装して綺麗に仕上げる事をオススメします。

モルタル外壁の場合は、弾性塗料を外壁全体に
塗布する事で、クラック部分の不具合を
綺麗に包んでコートする事が出来ます。

建物に動きがあってもクラック部分に
追従する事が出来るので、クラック部分の
防水効果を保つ事が出来ます。

クラックのような補修は、
簡単に思えて難しい補修です。

DIYでは建物の防水性を高める事は
難しいので、オススメ出来ません。

ヘアクラックが気になるようでしたら、
モルタル外壁の塗装をジョリパット等の
模様塗装にすると、ヘアクラックが気にならなくなります。
塗装の種類によって快適な外壁にする事が
出来るので、見当してみると良いでしょう。

外壁のヘアクラック

外壁のヘアクラックは雨漏りにはならない

外壁モルタル等の湿式工法の場合は、
どうしてもクラックが発生してしまいます。

お客様は、少しのクラックでも不具合だと
騒いでしまうと思います。

しかし、モルタル外壁の場合は湿式ですので、
多少のクラックは出てしまう事はやむを得ません。

乾燥伸縮を重ねて硬化するので、
少々のヘアクラックは出てしまいます。

特に、髪の毛の太さ程度のヘアクラックの場合は、
外壁の奥まで貫通するまで行ってないクラックですので、
雨漏りの問題はありません。

外壁表面だけに起きている状態ですので、
気にしないようにしましょう。

防水性の無い明らかなクラックは、
クラックに名刺を挟めて奥まで入ってしまう厚み以上です。

この場合は、外壁の奥までクラックが
貫通している場合がありますので、
危険なクラックです。

建物に影響を与えてしまいますので、
メンテナンスを行わなければなりません。

補修しなければいけないクラックは、
サンダー等でVカットをした上で防水モルタル等で
塞いで平らにして納めます。

DIYで、サンダーを掛けずにその上から
コーキング等をしてしまう方が居るようですが、
そのような乱暴なやり方では防水効果が
持ちませんのでオススメ出来ません。

入ったクラックを丁寧に平らに加工をして、
その上からメンテナンスを行う事で、
補修部分が綺麗になり防水効果を発揮します。