外壁のヘアクラック補修

外壁のヘアクラック補修

特に補修は丁寧に行う事で、高い効果を発揮します。
クラックの補修を丁寧に出来ないようであれば、
業者にお願いするようにしましょう。

また、何か所もクラックが生じている場合は、
業者に依頼して丁寧に補修を行い、
外壁全体を塗装して綺麗に仕上げる事をオススメします。

モルタル外壁の場合は、弾性塗料を外壁全体に
塗布する事で、クラック部分の不具合を
綺麗に包んでコートする事が出来ます。

建物に動きがあってもクラック部分に
追従する事が出来るので、クラック部分の
防水効果を保つ事が出来ます。

クラックのような補修は、
簡単に思えて難しい補修です。

DIYでは建物の防水性を高める事は
難しいので、オススメ出来ません。

ヘアクラックが気になるようでしたら、
モルタル外壁の塗装をジョリパット等の
模様塗装にすると、ヘアクラックが気にならなくなります。
塗装の種類によって快適な外壁にする事が
出来るので、見当してみると良いでしょう。