月別アーカイブ: 2017年3月

屋上防水工事に適した時期

屋上防水工事に適した時期とは? その2

屋上防水工事の適さない時期として、今回は天候についてご説明します。

・梅雨など湿度の多い時期
梅雨のジメジメとした時期は、防水施工の工程の際に水分を掴んでしまいます。
水分を掴んでしまう事で防水層の精度が良くなくなってしまい、
精度の高い防水層を作る事が出来ません。
湿気を掴んだまま防水施工をしてしまい、早い段階で雨漏りが発生してしまう事はよくある話です。

・台風などの強風の時期
台風などの強風の時期は、作業員の屋上作業での安全性が確保できませんので、
適した作業が出来る時期とはなりません。
また、施工中に強風の影響が防水層に影響してしまいますので、精度の高い防水層とはなりません。

このような時期は防水工事に適さず、業者によってはお断りを入れられる事もあります。

防水工事に適した時期は、防水工事における材料の乾燥が1番適した季節です。
防水というのは、適度な湿度と温度が必要です。
低温でも硬化しませんし、高温でも硬化しません。

これらを踏まえて防水工事に1番適した時期とは、これらの2つの時期となります。
・梅雨前の春
・台風前の秋

この2つの時期が、湿度と温度が適度な季節といえます。
日本は南北に長いので、その地域により適した気温や温度の時期は微妙に違いが出ます。
梅雨前や台風前でも、湿度や温度など状態をきちんと確認した上で
防水工事を行うようにする事が1番のオススメとなります。

屋上防水工事に適した時期

屋上防水工事に適した時期とは? その1

屋上防水工事は、建物に雨水の影響を与えない為に必要な工事です。
その為、工事の際には適した季節というのがとても大事となります。
せっかく大きなお金を掛けてメンテナンスを行うのであれば、
最大限に適した季節に行ないたいものですよね。

屋上防水工事に適さない季節・天候がありますので
そのような時期には、避ける事をオススメします。

今回は適さない季節をご説明します。

・冬場は不向き
冬場は、防水工事に使う材料に低温の影響を与えてしまいます。
また、降雪や凍結により防水層に影響を与えてしまう事がありますので、
精度の高い防水層を作る事が出来ない事があります。

・暑い夏も防水工事には不向き
ある程度の夏の暑さであれば問題ありませんが、
30℃以上の暑い日であれば防水材料が伸びてしまいますので、
避けるべき時期となります。
屋上は熱がこもりやすい場所であり、気温の倍の暑さを感じてしまう事があります。
外気温が30℃であっても、屋根の上は60℃以上に感じてしまう事もありますので、
作業員に大きな影響を与えてしまいます。
熱中症もそうですが、暑過ぎる中で防水工事を行っても、
高い精度の防水層を作る事が出来ません。