月別アーカイブ: 2017年6月

屋上防水の際のトラブル

屋上防水の際のトラブルポイント その2

前回はトラブルポイントとして騒音についてご説明しました。
今回はその他のトラブルについてご説明します。

・防水施工時の臭い
アスファルト防水やFRP防水シート防水は、独特な臭いを発してしまいます。
防水工事で臭いが出るとは思わず、苦痛と思う方は少なくないようです。
体に害はないので心配いりませんが、独特な臭いなので不快に思うようです。

・煙が上がっているのが不快
煙が上がってしまうのは、アスファルト防水工事です。
接着に使うアスファルトを溶融して使うので、
常に専用の窯でアスファルトを溶かしています。
それにより煙を発してしまうので、不快と思う方も多いようです。
煙を発してしまうのはアスファルト防水しかありませんので、
気になる場合は避けた方が良いでしょう。

このように、意外と嫌な思いをしなさそうな防水工事ですが、様々な苦痛があります。
人によっては、何とも思わない程度の事ですが、慣れていない方は苦痛に感じる場合もあります。
この様な状態は作業する上で仕方のない事ですので、どうにかしてほしいと言ってもそれは無理です。
あまり大きくとらえないようにし、気にせず過ごしていると気にならなくなります。

また、防水工事を行う前は、これらの事が起きるとご近所に説明しておくとよいでしょう。
1度ご挨拶をしていると、多少の気になることがあっても皆さん我慢をしてくれます。