カテゴリー別アーカイブ: 防水工事

バルコニーの防水の対処方法

バルコニーの劣化した防水の対処方法

バルコニーの防水が劣化していることに気が付き、メンテナンスをしないといけないと思っても、
どのようにメンテナンスをすれば良いのか見当がつかない方もいらっしゃると思います。

防水は素人さんにはわかりにくい工事ですので、
業者に全てお任せしてしまう事が大半かもしれません。
しかし、ご自分の建物の防水工事ですので、
どのような対処方法が1番適しているのかをご自身で検討してみてはどうでしょうか。

防水工事は悪徳業者が多く寄ってくる事もありますので、
言いなりになって工事を行ってしまってはとんでもない事に発展してしまう事もあります。

バルコニーの防水は、劣化状態によりメンテナンス方法が異なります。
① バルコニー防水の表面のみが劣化している場合
② FRP防水層自体に劣化が発生されている場合
上記どちらの状態に該当するのかを確認し、
適したバルコニー防水のメンテナンスを行う様にしましょう。

それぞれの場合のメンテナンス方法は次回ご紹介します。

外壁のヘアクラック補修

外壁のヘアクラック補修

特に補修は丁寧に行う事で、高い効果を発揮します。
クラックの補修を丁寧に出来ないようであれば、
業者にお願いするようにしましょう。

また、何か所もクラックが生じている場合は、
業者に依頼して丁寧に補修を行い、
外壁全体を塗装して綺麗に仕上げる事をオススメします。

モルタル外壁の場合は、弾性塗料を外壁全体に
塗布する事で、クラック部分の不具合を
綺麗に包んでコートする事が出来ます。

建物に動きがあってもクラック部分に
追従する事が出来るので、クラック部分の
防水効果を保つ事が出来ます。

クラックのような補修は、
簡単に思えて難しい補修です。

DIYでは建物の防水性を高める事は
難しいので、オススメ出来ません。

ヘアクラックが気になるようでしたら、
モルタル外壁の塗装をジョリパット等の
模様塗装にすると、ヘアクラックが気にならなくなります。
塗装の種類によって快適な外壁にする事が
出来るので、見当してみると良いでしょう。

外壁のヘアクラック

外壁のヘアクラックは雨漏りにはならない

外壁モルタル等の湿式工法の場合は、
どうしてもクラックが発生してしまいます。

お客様は、少しのクラックでも不具合だと
騒いでしまうと思います。

しかし、モルタル外壁の場合は湿式ですので、
多少のクラックは出てしまう事はやむを得ません。

乾燥伸縮を重ねて硬化するので、
少々のヘアクラックは出てしまいます。

特に、髪の毛の太さ程度のヘアクラックの場合は、
外壁の奥まで貫通するまで行ってないクラックですので、
雨漏りの問題はありません。

外壁表面だけに起きている状態ですので、
気にしないようにしましょう。

防水性の無い明らかなクラックは、
クラックに名刺を挟めて奥まで入ってしまう厚み以上です。

この場合は、外壁の奥までクラックが
貫通している場合がありますので、
危険なクラックです。

建物に影響を与えてしまいますので、
メンテナンスを行わなければなりません。

補修しなければいけないクラックは、
サンダー等でVカットをした上で防水モルタル等で
塞いで平らにして納めます。

DIYで、サンダーを掛けずにその上から
コーキング等をしてしまう方が居るようですが、
そのような乱暴なやり方では防水効果が
持ちませんのでオススメ出来ません。

入ったクラックを丁寧に平らに加工をして、
その上からメンテナンスを行う事で、
補修部分が綺麗になり防水効果を発揮します。

構造材への二次被害

防水が切れる事での構造材への二次被害 まとめ

防水が切れる事による二次被害はどのような
恐ろしい状態になるのか、まとめてみました。

  • 木構造材がボロボロ
  • 長期間にわたって雨漏りすると、
    高温多湿状態が木材に影響を与えてしまい、
    木材腐朽菌という殺菌が繁殖します。
    木材気質をどんどん分解し、
    木材がボロボロになってしまいます。
    酷くなってしまうと紙のような状態になってしまい、
    指で押すだけで簡単破戒してしまいます。
    ここまでになると、木材としての耐力はゼロです。
    土台などの足元周りの構造材に多く発生しますが、
    柱や間柱、筋違いにも発生させてしまう事もあります。

  • 健康に大きな影響を与えてしまう
  • 構造体や内装材への結露状態により、
    湿気やカビが発生してしまい、
    健康被害に大きな影響を出してしまいます。
    カビだらけの構造材や内装になってしまい、
    とても苦痛な空間になってしまいます。
    アレルギーや喘息状態になってしまい、
    健康とは程遠い体質になってしまいます。
    建物の劣化により、健康被害になってしまう
    お子さんもいらっしゃる程です。

  • シロアリ被害
  • シロアリは木材腐朽菌が大好きです。
    シロアリだらけの建物になってしまい、
    木材腐朽菌と共に木構造材を破壊してしまいます。
    木材腐朽菌とのWのパワーで、
    木造建物が崩壊してしまいます。

  • 鉄筋の腐食
  • 鉄筋コンクリート造や基礎の等の鉄筋に
    水分が浸食してしまい、鉄筋に悪影響を与えて
    コンクリートを破壊に繋げてしまいます。
    鉄筋コンクリート自体の強度が失われてしまい、
    建物の崩壊へと繋げてしまいます。
    木造の場合は、木構造材と基礎のダメージにより、
    建物は基礎の根元から崩壊にしてしまいます。

このように、想像以上に構造材に負担をかけてしまいます。
建物崩壊に繋がる恐れがあるので、非常に危険です。
防水の切れを回避するだけで構造材への被害を
防ぐ事が出来るので、定期的なメンテナンスにより
防水を万全に保つようにしましょう。
防水状態を保つだけで建物を持たせる事が
出来るのであれば、お安いメンテナンス費用です。

構造材への二次被害

防水が切れる事での構造材への二次被害はとても恐ろしい

防水材が切れる事で、雨漏りが
発生してしまう事は周知の事です。

あまりにも恐ろしいのは、
建物に対して酷い状態にまで発展して
しまう事があるという事です。

中でも恐ろしいのは、雨漏り被害が目に
見えない状態が続いて、目に見える状態に
なった時の二次被害の酷さの酷さです。
二次被害で一番恐ろしいのが、構造体への影響です。

防水が切れる事により早めの対処をしておけば
全く問題ないのですが、大抵の雨漏りは
このように酷く進行してから気付く事が大半です。
その為、厄介な状態にまでお通っている事が多くあります。

パワーボードの塗膜の防水

パワーボードは塗膜の防水が切れると危険!その2

寒冷地で使った場合、塗膜が破断して
防水状態が効かなくなってしまうと、
気泡部分に水分が浸食してしまい、
寒暖を繰り返して爆発をしてしまいます。

爆発してしまうと、補修ではまかないきれなく
なってしまうので、張替えが必要となってしまいます。

塗膜に防水機能がしっかり効いている状態では
最高の材料ですが、一歩防水塗膜が破断してしまうと、
とても厄介な状態へと変化してしまいます。

パワーボードの塗膜を破断させない為には、
パワーボードへの衝撃を避けなければなりません。

パワーボードに物を立てかけたりぶつかったり等をせず、
極力触れないようにしなければなりません。
腫れ物に触るように扱ってあげると、
余計な負担を与えずに済みます。

パワーボードに不具合を発生させないようにする為には、
日々点検を行うようにしましょう。
表面の塗膜の防水状態も大切ですが、
ジョイントのコーキングの不具合も細かく点検をしましょう。
きちんとした状態で活用すれば、とても重宝する材料です。
塗膜の防水機能を万度に発揮させ、快適に使ってみましょう。

パワーボードの塗膜の防水

パワーボードは塗膜の防水が切れると危険! その1

パワーボードは、気泡材で作られた
外壁材であり、即にいうALC板です。

気泡で出来上がっている素材ですので、
断熱材に非常に富んでおり吸音性にも
富んでいる快適な外壁材です。

外壁材なのに断熱材の代わりにもなると、
一時物凄く注目されたた材料です。

省エネ効果を発揮するので、
現代の省エネ作用に一役買ってくれます。

共同住宅や店舗等に使われる事が多かった材料ですが、
住宅にも採用されているお宅も多くあります。

とても機能的な外壁材パワーボードですが、
塗膜の防水状態が切れてしまうと
大変危険な状態になってしまうので、
注意が必要な材料と言われています。

パワーボードに衝撃等により塗膜が破断してしまう事で、
気泡部分に水分が浸透してしまいます。

建物内部まで簡単に水分が浸透してしまうので、
雨漏りに結び付けてしまい、建物の劣化へと導いてしまいます。

アスファルト防水

アスファルト防水に対する疑問について

アスファルト防水は、防水工法の中でも
特殊な工法で行います。
その為、素人さんには疑問に思う部分や
工法も多々あると思います。
そのような疑問が払拭できるよう、
アスファルト防水へ思われる疑問等を、
まとめてみました。

  • アスファルト防水を施工する際の臭い
  • アスファルト防水は、アスファルトを溶解して
    行う工法ですので、煙や臭いが発生してしまいます。
    独特の臭いを発してしまうので、
    あまり良い臭いでは無く、敬遠される方も多いようです。
    アスファルトの中身は、炭素と水素、
    酸素、窒素、硫黄が含まれています。
    しかし、これらの発生量は極めて微量であり、
    独特の臭気を感じても全く害は有りませんので、安心です。
    道路に使うアスファルトと同様の中身ですので、問題ありません。

  • 赤ちゃんや妊婦さんには問題は無いのか
  • 臭気に関しては個人差があり、目や鼻、
    喉に違和感を思う方もいらっしゃいます。
    データとしては全く害はないと症例されていますが、
    どうしても気になるようでしたら工事中は
    他の場所に避難をする事をオススメします。

  • 高度の溶解アスファルトを使う事は建物には影響はないのか
  • 高度のアスファルトを使って張り付ける工法ですが、
    アスファルトは熱しやすく冷めやすい材料ですので、
    高度のアスファルトを使っても問題はありません。
    高度に溶解したアスファルトをアスファルトルーフィングに
    塗布して張り付ける際に、急激に温度が
    下がる事で張り付ける事が出来ます。
    その為、高度な温度を建物に与える事は、
    ほぼ無いという事になります。

アスファルトを使う事で不安や疑問に思う方も
いると思いますが、このように特に気にする事が
無い快適な防水工法です。

防水工法の中では1番耐久性が高く、
安心できる防水工法です。

マンションの屋上等の広い空間に行う防水工法としては、
特にオススメの工法ですので、多く採用されています。

施行時のアスファルト独特の臭いは、
屋外で行うのですぐに無くなってくれますので、
あまり気にしないようにしましょう。

防水の種類別耐用年数

防水の種類別耐用年数は?

防水の種類別耐用年数は、以下の通りです。

  • アスファルト防水 17年~
  • 塗膜防水 10年~
  • ゴムシート防水 13年~
  • 塩ビシート防水 13年~


どの工法も10年以上の耐用年数がありますが、
施工状態により耐用年数は大きく左右されますので、
10年での点検を強くオススメします。

防水層の点検は、素人さんでも行う事が出来ます。
屋上やベランダ、バルコニー等、
どの程度防水が劣化しているかを把握しましょう。
ヒビや膨れ等、細かく点検をし確認しましょう。
また、ドレンが詰まっていると防水層に
大きな負担をかけてしまい、
雨漏りに繋げてしまう事があります。
ドレンは常に綺麗な状態にし、ストレーナーを
取り付ける等万全の状態にしておきましょう。
気になる方は、業者に頼んで定期的な清掃をオススメします。

防水層は、外壁や屋根材と同じく、
建物を守ってくれている大事な部位です。
劣化して頼りにならなくなる事で、
建物はどんどん劣化してしまいます。
強くて丈夫な建物を保つ為に、
防水層のメンテナンスをこまめに行い、
何十年も持つ建物を維持しましょう。

計画的な防水工事

計画的な防水工事が必要な理由

防水工事は、その文字から半永久的な
イメージがあるようですが、そんな事はありません。
何層もの工程から作る湿式工法であり、
紫外線や雨水等の外的刺激の影響を
強く受けてしまうので、寿命は必ず来てしまいます。
その為、計画的な防水対策が必要となり、
建物の寿命を高める為の大きなカギとなります。

10年目程から防水層の劣化が進んでいき、
15年目位には殆どの建物で防水層に
不具合が起きてしまう傾向があります。
目安としては、10年目で点検をして
定期的な防水改修を行う事をオススメします。

軽度な劣化状態でメンテナンスを行えば、
軽度な費用と工事で済みます。

大きく劣化した状態まで放っておくと、
躯体にまで大きな影響を与えてしまう事も
ありますので、とても危険です。

鉄筋コンクリート造の場合は、構造体内部の
鉄筋に大きな影響を与えてしまい、もろくしてしまいます。

構造体自体が頑丈では無くなってしまうので、
致命傷を背負った建物になってしまいます。

鉄骨造の建物の場合は、鉄骨自体に雨水の影響を
与えてしまい、強度が乏しくなってしまい、危険です。

防水層の劣化は、防水層単独だけの損傷では
済まなくなってしまうので、
万全な防水状態を保つようにしましょう。