カテゴリー別アーカイブ: 防水工事

防水工事の際に受けてしまう苦痛

防水工事の際に受けてしまう苦痛とは その2

さて、前回から続きで、防水工事の際に受けてしまう
苦痛につてい続けていきましょう。

  • 既存防水層撤去の際の騒音
  • 屋上防水を行っている建物は鉄筋コンクリート造か
    鉄骨造の場合が大半です。
    屋上防水層撤去の際はサンダーやケレン等を使って
    こそぎ落とすので、その摩擦音により物凄い
    騒音が躯体に響くので、想像以上の苦痛です。
    特に、防水工事を行う最上階のお宅は、そ
    の騒音は計り知れない程の苦痛になってしまう事があります。

  • 防水工事を行う際の摩擦音
  • 防水工事は、最上階の床や立ち上がり部分に
    擦るように行うので、その摩擦音が物凄く響きます。
    しかも、防水工事は何層もの素材の積み重ねにより
    成り立っているので、何度も摩擦音が発生してしまいます。

このように、防水工事は意外と騒音が出てしまう工事です。
しかし、わざと騒音を出しているのではなく、
一生懸命工事を行う事で発生している、努力の騒音です。
工事を行っている人には当たり前の音ですが、
お客様にしてみたら耐えがたい苦痛だと思います。
建物を良くしようと思い出ている音ですので、
工事期間中は我慢をして仕方ないと思うようにしましょう。

特に、既存の防水層を撤去する時が1番苦痛に思える騒音が
発生してしまうので、どうしても我慢できない場合は、
その期間のみお出掛けするようにすると良いでしょう。
我慢をする事で快適な防水層が出来上がるので、
少しの苦痛はやむを得ないと思いましょう。

防水工事の際に受けてしまう苦痛

防水工事の際に受けてしまう苦痛とは その1

建築工事を行う際は、全般に様々な苦痛を
お客様は強いられてしまう傾向があります。
特に騒音は、我慢できそうでかなりの苦痛に
思えてしまう方も多いのではないでしょうか。
防水工事の際は、一見苦痛と思えるような
騒音が無いような気がしますが、
かなりの苦痛を感じてしまう事があります。
どのような苦痛な騒音を、
防水工事の際に感じてしまうのでしょうか。
そのパターンを、まとめてみました。

  • 足場からの苦痛
  • 足場は金属製ですので、扱うだけで金属音が耳に響きます。
    足場設立や撤去の際の金属音、防水工事で足場を
    行き来する際の金属音等、工事は日中のせいかやたら響きます。
    一生懸命真面目に仕事をしているゆえ、
    無意識に金属音も多くなってしまいます。

  • 材料搬入の際の騒音
  • 屋上防水工事の場合は高所で作業を行うので、
    屋上への材料搬入はユニック車で荷揚げをして行います。
    その際、ユニック車の独特な荷降ろしの
    騒音や掛け声が響き、かなりの苦痛を感じます。

まだまだございますが、それはまた次回に。

防水に水が溜まる状態

防水に水が溜まる状態は放っておいても良いのか

屋上防水が古くなると、防水上に水たまりが
発生してしまう事があります。
長期間にわたって存在する防水上の水たまりは、
そのまま放置していてはいけません。
たかが水たまりと思い放置しているお宅もあると思いますが、
こうした防水上の排水不良は防水層に
大きな負担をかけてしまいますので、絶対に良くありません。

防水層の上に長時間水が溜まっていると、
紫外線による熱の影響による防水材への
膨張や伸縮を起こすようになり、
トップコートや防水層の劣化を早めてしまいます。
漏水事故や雨漏りに繋げてしまうので、
水たまりは早期に回避しなければなりません。
建物自体に大きなダメージを与えてしまい、
建物の価値が大きく下がってしまいます。

防水上に水たまりが出来ているという事は、
屋上表面に凹凸が生じている証拠です。
しかし、防水仕上げ表面に何かしらの
施工を施して平らにする訳にはいきません。
この場合は、防水層の下地からのやり直しとなります。
水たまりが出来ている部分の防水層を綺麗に取り除き、
きちんとレベルで水平を取った上で下地を
防水モルタル等で平らにし、防水層を
やり直しする事がベストな方法です。

防水に水が溜まった時のチェック

防水に水が溜まった時のチェックは?

防水の保証は殆どの防水が10年ですので、
このような水たまりが10年以内に起きた場合は、
補償の範囲で直してくれます。
下地が平らではないのは施工側のミ
スになりますので、補償の範囲になります。
放っておいて雨漏りに繋げてしまうと大変な
状態になってしまうので、早めの対処をするようにしましょう。
建物をしっかり守る為には、定期的な防水の
点検やメンテナンスはとても大切となります。
問題が起きてから対処するようでは、
余計な工事や出費や工事がかさんでしまいます。
そうなると、全額業者持ちにならない事がありますので、
早めのメンテナンスを行いましょう。

防水上に水溜まりが見受けられたら、
このような部分も細かくチェックしてみましょう。

  • 表面の浪打ち、浮き
  • 表面のひび割れ
  • コケや藻が生えている
  • 表面の色あせ

これらが発生していたら、防水全体の寿命となっている事があります。
あまりにも起きている症状の範囲が多い場合は、
全面防水をやり直しする事がベストとなります。
防水は、不具合が起きているにも関わらず放っておくと、
必ず雨漏り等の不具合に繋げてしまうので、絶対に良くありません。
自分だけの判断で迷ってしまうときには、
業者へ点検してもらいましょう。

お勧めは、防水工事の一括見積りサイトで探すことです。
わざわざ自分で何社も連絡を取らずとも、一括で見積もりをとれるのがメリットです。
私がお勧めのこちらのサイトは、社団法人なので安心感があります。

細かいチェックをして万全な防水を保ち、
建物の健康を長期間保つ事が出来る防水にしましょう。

防水工事リフォームの3つの方法

防水工事リフォームの3つの方法

防水工事をリフォームする際、既存防水層に対して
どう対応して工事を行うのかが大きなポイントとなります。
全面撤去新規防水以外にも、防水工事のリフォームは種類があります。
3つのリフォーム方法がありますので、ご紹介します。

  1. 既存防水撤去工法
  2. 既存の防水層を全て撤去し、下地をまっさらに
    綺麗にしてから新規で防水工事を行う工法です。
    新築の様に防水工事を行っていく工法であり、
    既存防水の傷みが酷い場合は、
    この工法を採用する事が多いです。
    撤去に工期や費用が掛かりますが、
    確実な防水効果を得る事が出来ます。
    その為、様々な防水工法の中から
    リフォームに使う防水工法を選ぶ事が出来ます。

  3. 既存防水かぶせ工法
  4. 既存の防水層の劣化している部分や不良個所のみを
    撤去し補修した後、新たに上から新規で防水層を設ける工法です。
    オーバーレイ工法とも、いいます。
    既存防水層と新規の防水層のWのパワーにより、
    高い防水効果と耐久性を得る事が出来ます。
    既存防水材の撤去を行わないので、
    工期が短縮され工事費も安価になります。
    また、既存防水材の撤去を最小限に抑えるので、
    騒音を少なくさせる事が出来ます。
    軽微な防水の劣化の場合は、この工法が適しています。
    ウレタン塗膜防水、FRP防水、塩ビシート防水、トーチ工法等があります。
    何度も重ねる事は不可能ですので、
    次回行う場合じゃ全て撤去する防水工法となってしまいます。

  5. 機械的固定工法
  6. 既存の防水層の上から下まで穴を開け、
    新規防水層をアンカーにて固定させる防水方法です。
    既存の防水層の状態が著しく良くなくても、
    アンカーを打つ事で既存の防水層にしっかり
    固定する事が出来、防水効果を存分に発揮させる事が
    出来る特殊な工法です。
    アンカー固定なので、既存防水層と新規防水層の
    相性を考えなくても良いので、新規防水層の選択が自由に出来ます。
    また、既存防水層を残して行う工法ですので、
    工期が短く費用も安価に抑える事が出来ます。
    既存防水層の状態が良くなくても全面撤去せずに
    リフォームが可能なので、騒音などの問題も
    気にならなくなるので、オススメの工法です。

防水工事のリフォームは、全面撤去か部分撤去で行う
パターンが大半ですが、機械的固定工法のような
一見特殊に思えますが快適なリフォーム工法もあります。

また、トップコートの塗り替えだけでもOKの場合があります。
表面劣化だけが気になる場合は、依頼してみると良いでしょう。
トップコートは、5年ごとに塗り替えると良いと言われています。
防水が長持ちするので、防水のメンテナンス時の
手間を省く事に繋げる事が出来ます。
トップコート塗布はDIYでも可能ですので、
ご自分でメンテナンスを行っても良いでしょう。

ご自宅の防水のリフォームの際はどの工法が適しているのか、
業者の決定に従うのも良いですが、
果たしてどの工法が理想なのかをお客様が考えてみるのも良いでしょう。

アスファルト防水

アスファルト防水 早目のメンテナンスを

アスファルト防水のチェックが終わったら、次は早めのメンテナンスです。

アスファルト防水に不具合が起きてくると、
全体的にクラックが多くなったり膨れが多くなる傾向があります。
初期段階は数が少なく軽度ですので問題ありませんが、
放っておくとクラックや大きな膨れだらけの防水になってしまいます。
そこまでの状態になってしまうと、雨水が建物にかなり回っている
状態になっている恐れがあるので、とても危な状態です。
多少のクラックや膨れであれば補修で済みますので、
数万程度の補修費用で済ませる事が出来ます。
しかし、長期に放置した事により不具合が酷い場合は、
防水層を全面撤去した上で新規で防水工事を行わなければならなくなってしまいます。
更に、建物に雨漏りが浸透している事が大半ですので、
防水工事だけじゃなく雨漏りの補修も行わなくてはならなくなるので、
莫大な費用がかかってしまいます。
そこまでの状態にならないよう、初期段階の不具合で補修を行うようにしましょう。

アスファルト防水は、他の防水工法より不具合が解りやすい防水です。
その為、素人さんでも点検チェックしやすいので、
日頃から点検をするように心がけましょう。
10年を超えたら3ヶ月毎はチェックをして、状態を把握しましょう。
自信が無いようでしたら、
業者に頼んで点検をしてもらうと良いでしょう。

アスファルト防水の不具合

アスファルト防水の不具合をチェック

広い屋上スペースの防水に使われる事が
多い工法は、アスファルト防水です。
学校や病院などの公共施設の屋上に使われる事が多い、
お馴染みの防水工法ですので、見慣れている方も多いと思います。
防水工法の中でも耐久性が高い防水工法であり、
非常に扱いやすい防水工法です。
比較的長い寿命であり、早くて15年程あります。

長い寿命のアスファルト防水ですが、不具合を放っておくと
雨水等が防水層に浸透し、雨漏りへと繋げてしまいます。
アスファルト防水でも安心せず、不具合が見受けられたら
メンテナンスを行いましょう。

アスファルト防水の劣化は、どのような状態が見受けられると
注意しなければいけないのか、ポイントをまとめてみました。

  • 伸縮目地の不具合
  • アスファルトルーフィングのジョイント部分の伸縮目地に、
    膨れや浮き等の不具合が見受けられたら、
    伸縮目地としても機能が低下している状態です。
    放っておくと、防水層の故障に繋がり雨漏りに発展してしまいます。

  • 立ち上がり防水層や平面の防水層のヒビ割れやふくれ
  • 立ち上がりのアスファルト防水層にヒビが見受けられたら、
    防水層の膨れが生じてしまい、内部で雨漏りが起きている可能性があります。
    表面の極細のヒビであれば問題ありませんが、紙一重の太さで
    防水層が破断してしまう可能性はありますので、早めに対応しましょう。

  • ドレン周りの不具合
  • ドレン周りの防水の口が開いたりヒビが入ったりなど、
    不具合が起きてくると雨水などが浸食してしまい雨漏りに繋げてしまう事があります。
    特にドレン周りは不具合が起きやすい部分ですので、
    特に注意して点検をするようにしましょう。